加齢臭対策スプレー人気ランキング

加齢臭を自分でチェックする

自分の体臭、加齢臭は着ている服を臭ったぐらいでは、まったく分かりませんね。自分が加齢臭を出しているなんて思ったことも無いでしょう。

 
しかし、それなりに歳を重ねると、加齢臭が出やすくなっているのは間違いありません。自分の生活習慣をチェックすることで、加齢臭の有無(もしくは加齢臭の程度)を判断できるようなので参考にしてみてください。

 

  • 食事の回数が不規則
    朝寝坊や残業などで、朝食を抜いたり夜遅い食事など毎日の食事の回数が変わったりする人は、加齢臭に要注意です。規則正しい食生活が加齢臭対策には欠かせません。
  • 脂っこい調理が好み
    中華料理など脂っこい料理にはもちろん動物性脂肪分が多いですね。動物性脂肪を多く摂取すると、体は加齢臭の元になる物質を多く作り出してしまいます。取り過ぎには注意しましょう。
  • アルコールが好き
    ビール、日本酒、焼酎、ウィスキーなどアルコールの摂取は、体内に活性酸素を増やします。適量は反って健康に良いと言われていますが、さすがに適量を超えると健康にも悪影響ですし、加齢臭の原因にもなります。
  • 煙草を吸う
    喫煙は、活性酸素の減少効果のあるビタミンを消滅させるとともに、喫煙で活性酸素も増加させてしまいます。加齢臭が出やすくなるし、煙草の臭いと重なってひどい体臭になるかもしれません。
  • ストレスを感じることが多い
    人はストレスを感じる、体が正常に機能しなくなったりします。体調が悪くなり新陳代謝がうまく機能しなくなったりします。ストレスは体の機能低下をまねき加齢臭を出しやすい状態をつくり出します。
  • 毎日のように夜更かししている
    夜更かしによって体内時計が狂うと昼夜が逆転した状態になったりして、生活習慣が狂ってしまいます。
    食事も不規則になり、ストレスも感じることでしょう。もちろん、加齢臭も出やすくなります。
  • ほとんど運動することが無い
    運動によって体内の活性酸素の量を減らすことができます。特に有酸素運動(ウォーキング等)が加齢臭の予防には有効なようです。

 
どの位の項目が当てはまりましたか。
一つでも当てはまるようでしたら、加齢臭に要注意です。加齢臭予防には、生活習慣を改善することから始めましょう。